スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病状が安定…受けたレントゲン検査の結果

2010.09.11.13:35

リリアの尿漏れは、量は少ないけれども定着…

咳は夕方頃から出始め、夜遅くに出る咳の後は、毎晩しんどそうです…

お散歩はとても時間がかかりますが、辻合橋(家から400m位)まで
行ける様になりました。

先生から、心臓の悪い子は運動は禁止と言われたのですが、
食事や飲み水まで制限されたリリアの、楽しい事って何だろうと
考えた時、私に出来る事はお散歩に付いて行ってあげる事しか
浮かんで来ませんでした…

10月2日の朝のお散歩では、2回もマーキングをしました。
リリアは女の子だけれど、マーキングの時は片足を上げます。

10月3日(月)9:00の診察で、血液検査問題無しと言われました10月3日リリア病状が安定して来たかも…と言う事で、10月12日にレントゲン検査の予約をしました…

10月4日(火)6:50 リリアを庭で待たせて、メグと散歩に行きました。
         帰って来ると、裏の畑の扉が開いていて、リリアがいなくなっていました。
         15分程車で探しても見つからないので諦めると、7:15頃二階の窓から、
         小2の長男が、トボトボ歩いているリリアを発見…
         お迎えに行ってくれました…無事でよかった~

10月5日(水)…今日から、降圧剤アリカンテ錠5mgが4分の3錠→1錠になる。  
        メグの後、朝の散歩に行きたがらなかったが、
        夜の散歩は足取りが軽快だった。

10月7日(金)5:00トイレを良く我慢していたなと思うほどたくさん出た。
       ここ2~3日、夜中のトイレは無しですが、尿漏れはしていません。

10月8日(土)1:00 たくさんおしっこが出た
    
    6:00 朝起きてきたら、リリアが水入れの前で伏せていた。
       お水が欲しかったみたい…近くには戻した胃液があった。

    6:15 メグと一緒に散歩に行きたがったが、倒れる前のペースで
       歩こうとするので諦めさせた。

    7:15 庭にいたメグがけたたましく吠えたので、
       家の中にいたリリアも吠えた。
            
       玄関から庭に出たがったので、扉を少し開けるとそっと出て
       2段ステップを降りた所で、後ろ右足がわずかにふらついて見えた。

       ゆっくりアプローチを進んで、4m程先の門へ行く迄、
       腰がよれて変な歩き方をしていた。

       リーちゃん~と声をかけると振り返ったが、この時
       リリアの両眼は、落ちそうな程飛び出していた(特に左目が)…

       それでも私の所へ歩いて来たので、胸を大きく擦ってあげると落ち着いた。
       後ろ足の付け根をマッサージしてあげると、
       歩いて家の中に入る事が出来た…その後はいつも通りに過ごした。

この写真を撮った次の日の朝、リリアのお目目が飛び出した…2005.10.07リリア2リリアはどれだけ、しんどかったのだろう…
       
      9:10 診察…先生に朝リリアの体に起きた事をお話しすると、びっくりされた。   
             今までにそう言う症例は、聞いた事が無かった様です…
             何が原因なのかは不明です…
            
10月9日(日)6:30頃、カーペットに胃液が戻してあった。

      16:30 散歩の時、鉄工所の犬に吠え付けた。更に吠え付けようとしていた。
           昨日の事があるので心配したが、大丈夫だった。

10月10日(月)6:00 朝起きると2ヶ所に戻してあった。白い泡で、胃液ではなかった。
          マットに尿漏れ…散歩に行きたがらなかった。

       8:40 のんびり40分程散歩…
          鉄工所の犬たちに執着して、中々帰ろうとしなかった。
          帰って、畑の下に下りて匂いを嗅いでいたが、後ろ足が
          ヨタヨタしているので、家に入れた。

10月12日(水)9:40 診察…予約していたレントゲン検査を受けました。

   健康なワンちゃんでも正確にレントゲンを撮る時には、麻酔をかけますよね…
   リリアにはリスクが大き過ぎるので出来ません…
   無駄に抵抗する力も無く、おとなしく撮らせた様です。

   レントゲン写真が出来るまで、これからの治療についての説明を受けました。
   色々な事が起きてはいますが、散歩にも行く事が出来ている事も含めて
   病状は安定していると言う事を前提に、薬も継続で2週間分の処方…
   診察に関しては、何か異常があれば受診すると言う事になったのです。

2005年10月12日 リリアの闘病日記より…10月12日リリアお薬も変更…冠動脈拡張剤などが追加されたました
  
  レントゲン写真を取りに行った先生が戻って来られました。
  何かにつまづかんばかりに入って来られました…私にはそう見えました
  何かご自分を落ち着かせている様に見えました…
  そしてレントゲン写真を張り付け、説明をして下さいました。   

  リリアの心臓は先生も予期せぬ程、肥大していたのです…

  心臓の大きさを測る時の目安として、肋骨3本分が普通の大きさ…
  リリアの心臓は、肋骨4本分位、しかも丸くなっている…
  
  先生の説明とレントゲン写真を見ても、ちんぷんかんぷんの私ですが
  先生のわずかな慌て振りから、かなりの心臓肥大である事が理解出来ました。
  
  咳が多くなったり、眼球が飛び出したり、後ろ足がふらついたりしていたのは、
  もしかしたら、心臓の肥大に関係しているのかも知れないとおっしゃいました…  

いちばん楽な姿勢で眠るリリア…2005.10.07リリア1心臓がそんなに肥大しているなんて、思いも寄らなかったよ…

自分が病気だなんて、思った事も無いんだね…2005.10.07リリア3それにしてもリリアは本当に強い子だね…

リリアの事はこちらにも載せています…

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2010.09.11.13:55

こんにちは

人間だったら、私病気だから大人しくしなきゃ・・とか解りますけどねー
動きたいけど、しんどい。遊びたい。
なんだろう、どうしたんだろう、、お散歩楽しいけど苦しい・・
そんな感じなんでしょうか。

飼い主が寄るとまた嬉しくて立とうとするんですよね。

人間で心臓肥大の病気の方がいらっしゃいましたけれども
とても大変なご様子でしたよ。同じ感じなのかなと思いました。

Re: No title

2010.09.11.21:10

チョコちゃんのママさんへ
まさにママさんのおっしゃる通りに、リリアは感じていたんだろうと思います。
しばらく逢えなかった娘達が心配して交代で、東京やロスから
帰って来てくれるのは、私もリリアも嬉しかった…でも
リリアはそれに答えようとして頑張るんです、お帰りなさいってね…
息が苦しくても、しんどくても…見ていて辛かったですね。
義母は心臓肥大で、ペースメーカーを埋め込み、元気になりました。
羨ましかったです…

No title

2010.09.11.23:12

お散歩に行きたがるなんて、よっぽど好きだったんですねリリアちゃん^^
寝顔を見ていると、とてもそんな異常が身体の内部で起きているようには思えません。
すごく大人しくて、賢そうな子に見えます。
苦しんでいるリリアちゃんのためにも、喜ぶことはしてあげたくなりますよね。

Re: No title

2010.09.12.03:38

クルヴェットさんへ
リリアはトイレは門の外へ出ないとしない子でした。
私の教えた事を守っているのです。
しんどいなら失禁してもいいのに、かたくなに…
まさに、三つ子の魂百まででした…だから
夜中であろうが、時間がかかろうが、そうさせてあげようと思いました。
散歩中にハプニング(倒れたりする事)があると、メグの世話が
出来なくなるので、リリアの散歩をメグの後に行く事にしたら
悲しそうな顔をしていましたね…
遠くまで行けなくなったリリアは、時間はかかるけれども、
まるで雑草一本一本にお別れしているかの様に、幸せそうな顔をして
一生懸命、匂い嗅ぎをしていました。
まるで苦しみから解放されたみたいに、穏やかな顔していましたね…
クルヴェットさん、ありがとうございます…
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。