次女がロスから帰省中の時のこと…

2010.10.07.23:59

☆2006年3月28日に虹の橋を渡った愛犬の思い出です☆

元気だったリリアの事を書いていて、とても懐かしかったです。
今日からまた、リリアの闘病中の事を書いていきます。
年を越してから、リリアの状態は悪化し、やがて最後の日を迎えます。
元気だった頃の事を書いていた時のような、幸せな気持ちで
書く事は出来ませんが、もしよろしかったら引き続き
一生懸命生き抜いたリリアのページを、読んでやって下さいませ…

留学中の大学が休みになって、12月23日から2006年1月25日まで
次女はリリアと過ごす事が出来ました。

12月28日にはリリアを気遣いながら、散歩に連れて行ってくれました。
その時の散歩の様子はこちら こちらからご覧いただけます。

その日の診察で、腎臓の値はわずかですが下がっていて、
何とか現状維持~コバルジンというお薬を追加処方されました。

翌29日(木)朝、エミリーの世話を済ませ、リリアを門の外へ
連れて行きました。
トイレを済ませ、すぐ家に入ろうとして振り返ると、すぐ側まで
野良犬が来ていました。
追いかけようとしたので静止させましたが、玄関を入る手前で
後ろ足がふら付き、倒れてしまいました。リリアはこの時、
悲しげな悲鳴をあげ、失禁しました。

気付いた娘たちが階段を駆け下りて来ました。
初めてリリアの倒れた姿を目の当たりにした次女はとても驚いていました。
昨日一緒にお散歩する事が出来たので、信じられない光景だったと思います。
家族がいてくれて良かったです。

昨日診察してもらいましたが、また診てもらいました。
17:30食欲はあって、コバルジンもなんとか服用させる事が出来ました。

ところが翌早朝3:00、洗面所にホットケーキの形の下痢便を見つけました。
その後も便が緩かったので、11;00に動物病院に電話…
コバルジンは、年が明けた正月3日を過ぎてから、
一日数回に分けて服用させる事になりました。

めでたく新年を迎え、正月3日には少し離れた大きな公園まで
みんなで散歩に出かける事が出来ました。
リリアが病気である事をすっかり忘れていた私は、あとから遅れて
リリアを抱いて行ったのですが、たかが14kgに満たないリリアを
抱えて歩くのは、私にとってはかなりしんどい事でした。

リリアと新年を迎える事が出来て、とても嬉しかった…2006.01.03みんなでイモ山公園1まさかみんなと一緒にお散歩出来る日が来るとは、思いませんでした…

やっと追いついた私たちに気付いて、里道でみんなが
待っていてくれました。みんなに歓迎してもらったリリアは
そこから一緒に歩きました。
もちろん、遅れながらゆっくりです。

リリアの事はこちらにも載せています…

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR