信頼していた動物病院だったのに…

2010.08.28.21:15

2005年8月28日…
今にも降り出しそうな重たい空~早朝とはいえ、とても蒸し暑かった…

去年の6月にメグを迎えてからは、早朝散歩は二頭で出掛けていました。
いつもの時間に、いつものコース、20分程の散歩~
半分を過ぎたあたりから、いつもリリアはペースダウンするので、
途中からリリアだけ、オフリードにしていました。
リリアは遅れても、急ぐことなくついて来て
私とメグは、せかすことなく待っていては、前に進みました。

家が近づいた時、急に強い雨が降り出しました。
すぐそこまで帰って来ていた私とメグは走り、
あまり濡れずに玄関に入りました。
リリアがなかなか来ないので、玄関の扉を開けたまま押えて
私は大きな声でリリアを呼びました。
呼ばれたリリアは嬉しくて、一気に家の前の坂を駆け上がって来ました。
門を通り、開けて待っていた玄関に入り、ちょうど扉が閉まった時
リリアは右へ左へふらふらした後、崩れるように倒れました…

私が叫び声をあげてみんなを呼ぶのに、随分時間がかかった様な気がします。
動かないリリアをずっと見ていた気がします。
何か大変な事が起きているのに、うろたえて突っ立っていただけの様でした。
リリアは呼吸をしていない、全く動かない…
リリアの名前を叫びながら、
早く何とかしなければいけないと言う気持ちだけが、空回りしていました…

一刻も早く獣医さんに診てもらわなければと、ドタバタ診察券を探していたら、
ひょっこりリリアがリビングに入ってきた…
精一杯の笑顔を振りまいて~でもそれからはもう、
今までの元気なリリアではありませんでした。

リビングに入ってきたリリアを見て少しは安心した私~
死んでいなかったと安心した私~
あともう少しだけ待てば診察時間になるから、私だけ早めに行って待ち
説明してから、リリアを連れて行こう
リリアの負担を出来るだけ少なくしてあげよう…そう思い私はリリアを置いて、
家から車で20分程のかかりつけの動物病院に向かいました。

動物病院では、窓や扉を開け放って清掃しているところでした。
待合室の椅子に腰掛けていると、気付いた看護士さんが声をかけてくれました。
事情を説明したら、獣医さんを呼んで来てくれたので
私は今朝の出来事と、リリアの様子を説明して、
あとで連れてくるので診て欲しいとお願いしました。

私は先生が、一番に診てあげるから連れておいでと言ってくれると思い込んでいた…
開院した時から診てもらっていたから、診てくれるものだと思い込んでいた…
先生を信頼していたから、言われた事は素直にその通りにして来ました…だから
最初、先生が何とおっしゃったのかが解りませんでした…

私は自分の説明不足なのかと思い、言葉を変えてはお願いしました…
けれど先生は「うちではもう診れないから」と
最初から最後までそう言うだけでした…

信じられない言葉だったけれど、それでも私は自分が
もしかしたら、強引で失礼な事を言ってしまっていたのかと思い
一番最後でいいから診て欲しいとお願いしました…

こうしている内にもリリアは辛い思いをしているのに…

診察時間が近づい来て、患者さんが入ってきました…

これからどうしたらいいのかも解らないまま、帰ろうとする私に
獣医さんは言った…救急病院にだけは連れて行かない方がいいと…

そうおっしゃった事が、獣医さんのリリアに対するせめてもの
思いやりだったのでしょうか…

私は待たされたとしても、せめて獣医さんには
リリアの胸の音を聞いて欲しかった…
それから、もうこれ以上は診てあげる事は出来ませんと、言って欲しかった…

2005年8月28日の出来事、信頼していた動物病院だったのに…

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2010.08.28.23:33

このコメントでアイリーンママさんのお気を
悪くさせる言葉があればごめんなさい。

病院の先生と飼い主には何より信頼関係で
成り立っていないといけないはずです。

その医者が飼い主の話を聞く限り
たとえもうダメだと解っていたとしても診察を希望するのであれば
するべきなんです。
飼い主の気持ちを無視する獣医は
これからはやっていけませんよ。

獣医の見捨てているとしか思えない言い方がくやしくて・・・
人間ならどうするんだ!!!って言いたくなります。

ぷんぷん!!!




Re: No title

2010.08.29.00:13

ゾーイの飼い主さんへ
コメントありがとうございます…
私も最初診てくれないなんて信じられませんでした…
素性の解らない初診じゃあるまいし…
でもこれから書いて行こうと思っているのですが、
その後別の病院で治療してもらっているうちに
少しずつ事情が解って来て…
私の憶測ですが、先生には深刻な家庭の事情がおありで、
とてもお一人で、重篤な患者を入院させて診て行くのは無理と
判断されたのでしょう…
外来の患者さんも診なきゃならないし…
ご自身の生活の事もかかっているし…
もし私の憶測が当たっていたならば、
本当は診てあげたかったけれど、やっぱり無理と判断されたのだと思います…
他の病院を紹介してくれるほどの人脈もなければ
ご自身のプライドみたいなものもあったのかもし知れません…
このままリリアが誰にも診てもらえずに死んでしまっていたら
私は相当先生を恨んでいたと思います…
けれどリリアは私たちに色々な事を教えてくれたから…
またコメントしてくださいね…コメントうれしかったです!
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR