スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★怪我した事を知っていたアイリーン★

2013.07.11.23:58

エミリーが肉球を怪我したと思われる時、
アイリーンは家の中にいました。

両方をお庭に出した時に、運悪く電気の検針員さんが来ました。

いつもは女性の検針員さんが、朝8時頃に来るのですが、
この日は男性の検針員さんで、午後1時半頃に来ました。

石垣の下から、双眼鏡で検針するので、彼女たちには
悪党に見えるんでしょうね~(笑)

怪しい人物を発見したら、吠える…

リリアからメグへ。。。

メグからエミリーへ。。。

そして、エミリーからアイリーンへと引き継がれる前に
只今アイリーンちゃんは、教育中です…


いつもの検針員さんでさえ吠え付けるのですから、初めての検針員さん
に黙っている筈がありません。

それで、エミリーに続いて走って行ったアイリーンを叱りました。

するとどうでしょう…

毎回毎回叱っていた甲斐あってか、アイリーンがお利口さんに
アイリーンママのところに戻って来ました。

それで、ちょっと大げさに褒めてから、玄関に入れて足を拭き
エアコンの効いた涼しい部屋に入れました。

いつも家に入れる時は、どんなにアイリーンがアピールして来ても
「エミリーちゃんから!!!」とツルの一声を発して、一歩引かすのですが、
エミリーが来ないんだから、アイリーンちゃんを先に入れました。

そして次にエミリーを入れようと、玄関で履きものを履こうとした時に
外でバックセンサーの音がしました。

「ウチかな?」って、思う間もなく、玄関の外側で待っていたエミリーの影が
吠え声とともに、見えなくなりました。

ドアを半開きして見ると、宅配の車が見えました。

「ああ最悪~! なんてタイミングが悪いんだろ。。。」

すぐさま印鑑を持って受け取りに行きましたが、
しっかり伝授されたこの悪習慣は、中々矯正出来ません。

宅配の車が出発するまで、吠えていました。

(この暑さの中、それも最も暑い時間帯のお仕事、御苦労さま!)
って、皮肉って

「おバカさん!!!」と声に出して、エミリーちゃんの頭のてっぺんを
ちょっときつ目に一発、パチン!と叩きました…

それから玄関に入れて、足を拭いている時、両前足が終わり、
次に左後ろ脚を拭こうとしたら、物凄い勢いで馬蹴りしたのです。

もう一度やり直そうとしたら、もう一発。。。

今まで肉球に怪我をした時は、歩いた後に血痕が付いたり
雑巾に血が付いたりだったから、

てっきり頚椎からくる違和感なのかもと勘違いしてしまった…

この時から約6時間後に発覚するまで、通常じゃない歩き方を
していましたが、出血が無かったので、肉球の怪我だと気付かなかった。

なのに、アイリーンのエミリーに対する仕草は
いつもと違っていました。

バトルに誘わない…

いつもと違う距離感(寄り添うようにしていた)

付き合うかの様におとなしかった…

そして、夜二人がかりで処置している間、ずーっと
アイリーンママに体を密着させて、エミリーの反応を見ていた…

安静中③


わかるんですかね。。。?


動物病院で分けてもらった、消毒用のAP水…

AP水②


それと、家での処置にと頂いてきた、アイプクリーム、ガーゼ、絆創膏、
亜鉛のサプリメント…

サプリ&保護①

動物病院では、痛いのを我慢して、おとなしく処置させてくれました。

獣医さんからも、「いつも良い子にしている」と褒めて頂きました。

でも、よっぽど痛くて怖かったんだと思いますよ~

家では、二人がかりでも、処置するのが大変でした。
とても、一人では無理です…

エミリーもシニアの仲間入りをして、老後が案じられますが、
大型犬の介護は、事の他大変だという事を思い知らされた次第です…

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。