★麻酔が効いてる間にお願いします★

2013.07.07.23:59

そんな訳で4日に、奥歯の再治療をして頂きました。

どんな治療になるのかは、あらかじめ歯科健診の日にお聞きしていて、
歯だけでなく、外側の歯茎も切ったため、治療には
1時間以上もかかりました。

まずは仮詰めを外したあと、念入りに麻酔を注射…

その麻酔が効いた頃合いに、更に麻酔を追加で注射…

(神経を残すために、痛みを完全に抑え込むんやな!と勝手に解釈・笑)

先生が、「神経を保護するお薬を塗ります」と言いました。

(そんな薬を今までに使ってくれた先生いたんかな?と思った)

そして、右奥歯の工事が開始しました。

お口を大きく開けていると、いつも眠たくなるアイリーンママ。。。

ガーガー削る音が、子守唄となり、うつらうつらしてしまいました。

「痛みがあったら、左手を上げて下さい」と言って下さいましたが、
今までの治療でも、あまり左手を上げるような事態になった事がないので、
本当にリラックスし過ぎていました。

ところが、削る時間が予想以上に長い時間だった事もあり、
アイリーンママの脳裏には、嫌な事態の予感が漂い始めました。

なんとなく、かすかに下唇がビリビリして来たような気がする。。。

やばいんちゃう? やばいんちゃう? ・・・

まるで念じるかのように思っていると…

何かに何かが触れたような感触があった!

今のは何やろ???

もう一回来るんかな???

まさか神経じゃあないでしょうねぇ???

左手上げる用意をしなくっちゃ!

などなど、不安が募って行きました。

先生は、絶好調なご様子で、色々な角度から
流暢に削っておられました…
(目をつむっていたので見えませんでしたが、多分・笑)


突然。。。ビリッ!!!


ビクッ!!! !!! !!!


先生も。。。ビクッ!!! !!! !!!


アイリーンママが急に動いたので、先生もびっくりしたみたいです(笑)


「大丈夫ですか? 痛みましたか?」

アイリーンママは、大きく頷きました!

「痛かったら、左手を上げて下さいね!」

喋れないアイリーンママは、またもや大きく頷きました!


それからは、怖くって怖くって、体がガチンガチンに硬直しました。

痛みが走ったら、即、挙手しなくっちゃ!!!(笑)


思わずアイリーンママは

「先生!!!… 麻酔が効いてる間にお願いします!!!」って心の中で
先生を急かしました(笑)


先生が工事を再開するや否や、すぐに挙手!!!

(もうあかんね~先生、どうします???)

なんて思っていると、いきなり先生が、

「アイリーンママさん、お酒はお強いですか?」って聞いて来ました!

アイリーンママは、上手に喋れなかったけれど

「お酒は飲みませんので、よくわかりません」と返答…

すると先生が

「アルコールに強い人は、麻酔が覚めるのが早いんですよ。
肝臓で麻酔薬をどんどん分解して行っちゃうんです。
麻酔の切れるのがあまりに早過ぎるので、お酒がお強いのかと
思いました」 

ですって・・・笑

「え?そうなんですか???
そう言えば、お酒は飲みませんが、飲んでも酔いませんし、
顔も赤くなりませんよ…」

と、思い出したのでお伝えしました。

という事で、また麻酔の追加注射からのやり直しとなり、
そんな事もあり、約1時間20分掛けてその日の治療は終了しました。

次回11日に、この歯の治療は終了の予定です!

順調にいけば、2回の治療で終了だなんて、
今までにかかった歯医者さんでは、あり得ませんね…

こんなに良心的に治療をして頂いて、
治療費もとってもお安く感じました。


★歯茎を切ったりと、結構大そうな治療だったので、
化膿止め、炎症止め、痛み止めのお薬を頂きました。

痛み止めは1回服用しましたが、フロモックスかポンタールの
どちらかが、眠気を引き起こし、5日、6日と頭がもうろうとして
起きていても眠っているような状態で、とてもブログを綴れませんでした。

(それでも早朝散歩(4時~5時)には、行っていた)

最後の1回分を服用を見送り、7日にいつものアイリーンママに
戻る事が出来ました。

なかなか、思うようには進みませんね~♪


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR