FC2ブログ

★目的地にたどり着くまでのいくつもの分かれ道

2018.05.15.23:23

(2018年3月11日の下書きから)


スタートしてからゴールまで
スポーツのようなリタイアはありません。

誰にでもある出発してから必ず行き着く場所

世間でよく言う、「ゆりかごから墓場まで」の道のり

私が歩ませてしまったという思いもあった。

終わり良しだったから
この道で良かったのだと思える

違う道選択していて、
道中良かったと思っても、終わりが悲壮なものだったら、
道間違えたと後悔するでしょう

軟部組織肉腫発覚から色々あった。

獣医師を恨んだこともあった

けど要所要所にエミリーが現れて
導いてくれた方向に歩ませてくれたんだ、とつくづく思う

いくつかのもしも書いてみよう

そして私が通ってきた道

これで良かったんじゃないかな~

最後の姿は、あっけなかったから

眠るように逝ったという風ではなかった

腕の中でゆっくり呼吸が、鼓動がという風でもなかった

最後は、エミリーが逝ってしまった時に後悔した事
それをエミリーが実現させてくれた

大泣きさせてくれた

エミリーの時の分も、叫んだよ

アイリーンは私に触れながら、パッ!と消えた
姿だけ残して、パッ!と消えた

だから苦しんで逝ったのかどうなのかわからない

30日もの間に何回も苦しい日々があったからね

苦しむ力は残っていなかったんだ

描いていた最後

こうあって欲しいと願っていた最後

アイリーンはかなえようと頑張って生きていたんだ

でも力尽きた

悲しいけれどそんな表現しか出来ない

つくづく家族のために、私のために、
生きていてくれたんだな~と思うと涙が出る。

感謝の気持ちしかない

30日も寝たきりになって
私に生きているもののぬくもりを伝えてくれた

大も小も排泄を最後まで自分でコントロールできた

いつでも私を呼んで、教えてくれた

だからお世話がとても楽だった

最初、体勢替えがうまく行かなくて痛くて
泣いた時があったけど、気をつけてしたら泣かなくなった。

けどそれは、我慢していてくれたんだよね

文句なんて一度も言わなかった

人間は見習わなくっちゃいけないよ


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

これから先もこんな日が続く事を願って
スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR