スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★飼い主とはぐれた犬の心理と行動★

2015.11.09.14:00

10月26日に起きた出来事を連載していますので
順番に読んで頂きますと、内容が解り易いかと思います。

{その1}★…ちょと遠出、河川敷の散歩…★
{その2}★もう少し南下してから歩いた場所で★
{その3}★ついに警察沙汰になっちゃった!!★
{その4}★保護されていたのはうちの子なの?
{その5}★保護先に向うパトカーを追って★
{その6}★追いかけて行った生き物の正体は?
{その7}★…ボディーチェックと傷の手当て…★
{その8}★…幸運のめぐり合わせ…★
{その9}★一夜明けてから出て来た後遺症★
{その10}★事件が好転短時間終了した理由★


上記のブログに書いて来たとおりの経緯で、
アイリーンママは愛犬たちと、離れ離れになり、
でもまたすぐに再会する事が出来ました。

飼い主である、アイリーンママの心理については、
それぞれの回において、こまめに触れて来ました。

では、お犬様の心理は、
いったいどんなだったのでしょう?

今回の体験をもとに、考えてみました。

まずは、はぐれてしまった時の状況。。。

この時はすでに帰宅前で、犬も人間も、
ある程度疲労しており、アイリーンママは少し
判断能力が鈍っていたと思います。

彼女たちも同様に疲労してきており、特にこの日は、
夏並みの暑さだったので、暑さに弱い犬種ゆえに、
相当体力を消耗していたと考えられます。

そして「ハイエナのような生き物」を追って、
通常では考えられない、身体能力を瞬時に発揮し、
結果、追いつけず、飼い主とははぐれ、暑さの厳しい中
見知らぬ土地で、徘徊する羽目になってしまいました。

これは、みんなにとっては想定外の事であり、
みんなが、大パニックに陥ってもおかしくない
状況だったと思います。

そうならなかったのは、ここに書いた通り、
すでに体力消耗状態だったからだと考えます。
つまり、パニックに陥って走り回るための、
スタミナが無かった。。。

事件の翌日、お礼回りに行った時に写した写真と
簡易な地図を元に、エミリーちゃんとアイリーンちゃんの、
行動や心理を検証してみようと思います。

(地図1)
26日地図①-3


黄O・・・車を駐車した場所
緑O・・・見失った場所
青O・・・Kさんの農機具納屋
紫O・・・エミリーが保護された工場
赤O・・・アイリーンが保護されたKKショップ


26日遠望①-2


(地図1)と上の写真に、
位置関係が解り易いように、色O印を付けました。

以下、移動したルート、移動したと思われるルートは
それぞれを色線で記しました。


(地図2)
26日地図①-3①


(地図2)…黄Oで車を降りてから、散歩したルートが黄緑線で、
       Uターンして車に戻る途中の、緑Oで事件が発生し、
       見失いました。
 
       濃黄線は、アイリーンママが探し回ったルートです。
       緑Oで見失い、1回ぐるりと1周したあと、黄Oの車まで
       行ってみて、いなかったので再び、見失った茂みの後ろ側を
       捜してから、青OのKさんの納屋へ助けを求めました。

多分この間に、彼女たちと、すれ違いになったと思われます。


(地図3)
26日地図①-3②


(地図3)…水色X印は、通行不可のようなので、多分
      散歩の途中でUターンした場所から先へと
      行ってしまったのではないかと思われます。
      水色線で記しましたが、この時はまだ、
      一緒だったと思います。

紫O付近で、何があったのでしょうか?

紫Oで保護されたエミリーちゃんと、同じ場所で
保護されなかったアイリーンちゃん。。。

みなさんは、どうして彼女たちが、この辺りで
離れ離れになってしまったと、お考えになりますか?

自分もここが一番気になる所なので、
改めて最後に、じっくり検証してみたいと思います。
       

(地図4)
26日地図①-3③


(地図4)…赤Oでアイリーンちゃんは保護されました。
      紫O付近から、赤Oまでのルートは桃線しか
      考えられません。
      
      この地図では、突き当たりが左折のように見えていますが、
      実際に車で走ってみたところ、そこは小カーブ、 
      道なりに進むしかなく、KKショップの見える
      交差点へと繋がっていました。

(地図5)
26日地図①-3④


(地図5)…アイリーンママが通ったルートを、橙線で記しました。

       Kさんの納屋青Oで、保護の知らせを受けてから、
       全速力で車まで走り、車に乗り込み赤Oへ、
       そのあと、紫Oへ。。。

下の写真は、アイリーンちゃんが
単独で通ったと思われる道で、桃線で記した道です。
写真の右手前電柱側より来て、
突き当りを道なりに左方向へ進んだと思われます。


26日ルート①-1


(地図6)
26日地図①-3⑤


(地図6)…赤線と水色X印付近を写したのが下の写真です。
       
数多く写した中から見つけたので、使いますね(笑)

カーブミラーのある所の両側に電柱があります。


201510271040お礼回り①-1


その辺りを拡大してみると、
カーブミラーの右側に、高さ1m位のポールが7本見えます。
電柱からの電線も、左から右の電柱へ伝っている所をみると、
どうやらそこには、道があるようです。

水色X印を付けたのは、車で往来しても、道路と
認識出来なかったので、前半で通行不可と書いてしまいましたが、
犬の通行になんら差し支えが無かったら、通った可能性もありますね。


201510271040お礼回り①-2


ふう、疲れた。。。
ここまで頑張って、たっぷり2日がかりで仕上げました(笑)

最後に、(地図3)で投げかけた疑問への検証です。。。

(地図3)
26日地図①-3②


紫Oでエミリーちゃんは保護されたけど、同じ場所で
アイリーンちゃんが保護されなかったのは、何故でしょう。

ここからが、このお二方を良く知る
アイリーンママの推理です。

どちらも、飼い主とはぐれたとは言え、一緒だったし、
スタミナ切れも幸いして、酷いパニックには陥らずにいたけれど、 
さすがに高齢のエミリーちゃんは、次第に遅れがちになり、
いつしかアイリーンちゃんが先導して進んで行った。

通常の散歩でも、暑さをしのぐために、日陰に避難して
居座ってしまうエミリーちゃんだから、
通りがかった紫O工場に、絶好の避難場所を見つけ、
自分だけ、早々に休んじゃった。。。

そんな事とは露知らず、前進を続けるアイリーンちゃんが、
そのまま気付かずにいたのか、気付いてもそのまま
突き進んだのか、結果、KKショップで御用となった。。。

もし、エミリーちゃんが先導していて、休憩するのを見たら
きっとアイリーンちゃんも、付いて来たと思います。

エミリーちゃんも、やっとこさと伏せた時に、
アイリーンちゃんの姿が、見えない事に気付いたけど、
それっきりになってしまった。。。

と、まあ、こんな風に考えた次第です。

彼女たちが、喋れたら。。。
きっと、そうそうって、言ってくれるような気がします。

いかがでした?
みなさんの推理と、同じでしたか?

さてさて、彼女たち。。。
ずっと名前を呼び続けていたアイリーンママの声が、
聞こえていたのかな?

はぐれた事に気付いたのは、いつごろだったの???

① もう追いつけないって、諦めたときかな?
② うまいことヤツにまかれて、見失ったときかな?
③ どちらかが追うのをやめた時かな?
④ アイリーンママの声が聞こえた時かな?
⑤ アイリーンママの事を思い出した時かな?

アイリーンママは、②だと思うけど、いずれにしても
最後には⑤だったからなのでしょうね。。。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。