★…ボディーチェックと傷の手当て…★

2015.11.03.23:58


10月26日に起きた出来事を連載していますので
順番に読んで頂きますと、内容が解り易いかと思います。

{その1}★…ちょと遠出、河川敷の散歩…★
{その2}★もう少し南下してから歩いた場所で★
{その3}★ついに警察沙汰になっちゃった!!★
{その4}★保護されていたのはうちの子なの?
{その5}★保護先に向うパトカーを追って★
{その6}★追いかけて行った生き物の正体は?

さてさて、アイリーンママが
田んぼの畦と田んぼとの段差の為に、転んでしまい
その時にリードが離れ、「ハイエナのような生き物」を追って
茂みの中へ消えてしまった彼女たち。。。

「やばい!」とか「まずい!」とかが、脳裏を駆け巡り
必死に名前を呼び、探し回りました。

彼女たちは、ドーベルマンなんです!

いくら可愛くておとなしくてお利口さんって、
自慢した所で、こういう状況を作り出した時、飼い主は
非難される立場なんです。

そして、小さなワンちゃんたちとは違って、彼女たちだって
恐れられちゃう犬種なんです。

「やばい!」とか「まずい!」と即座に思ったのは、
主には、こんな理由です。

呼べど捜せど、見つからない。。。
時間がどんどん過ぎて行くに連れ、
「やばい!」とか「まずい!」の上に「早よせな!」が付いて
焦る気持ちが加速して行きました。

「早よせな!」大変な事になる!!!

最悪、、、新聞沙汰になる!!!
     全国ネットで放映されてしまう!!!

とにかく、大騒ぎになる!!!

「早よせな!早よせな!」とにかく、
「早よ、見つけ出さなくちゃ!」と言う気持ちが
段々萎えて来ると、どうせ警察沙汰になるなら、
自ら通報しようと決心したのでした。

その時の事は{その2}★もう少し南下してから歩いた場所で★
{その3}★ついに警察沙汰になっちゃった!!★
で書いた次第です。

さてさて、ここまで書いて来たことは、
いわゆるアイリーンママの、世間体を気にした
気持ちや行動です。

それと「やばい!」とか「まずい!」とかが、脳裏を駆け巡り
必死に名前を呼び、探し回ったのには、
もう一つの理由がありました。

彼女たちを追って、アイリーンママも茂みに入ろうとしましたが、
それは見ただけで無理だとわかりました。

まず道はありませんし、木々が密集していて、
もし、それでも捜しながら進んで行けば、きっと
どこか怪我をしていたと思います。

その時に別の意味でまた
「やばい!」とか「まずい!」と思ったのでした。

そんな場所、走った事も無い彼女たちが、
リードを引きずりながら、追いかけて行く姿を想像したら、
今度は色々な顛末が、脳裏を駆け巡りました。

枯れて棘ばった枝で、体をえぐられてはいないだろうか、
服が枝に引っかかり、身動きが取れなくなっていないだろうか、
リードが絡んで、首吊り状態になっていないだろうか、
肉球に鋭いものが、刺さっていないだろうか、
足をぐねったりして、動けなくなっていないだろうか、
尖った枝で目をーーー!!!

色んな不幸な出来事が、加速して浮かんで来た時に
万が一、この茂みの中でそういう状況のドーベルマンを
自分一人の力で、救出出来るのか???

無理や!!! 一人の力では無理!!!

じゃあ、誰に手伝ってもらうの???

自分ですら初めての場所に、いくらなんでも
誰かに来てもらうのは無理。。。

ましてや、ドーベルマンですよ!

仮に通りすがりに、ジョギングの方やウォーキングの方に
お願いしたって、これは無理ですよね!

「早よせな!早よせな!」とにかく、
「早よ、見つけ出さなくちゃ!」と言う気持ちが萎えて
しまった理由は、ここにもあります。

刻一刻と時間は過ぎ、日が暮れてしまったら
最悪の結末です。。。

警察に通報しようと決心した理由が、ここにもあります。

だから、保護された場所へ向う途中では、
もし、保護された犬がうちの子だった時の姿を想像するに

服は汚れ、ズタズタに破れ、傷だらけ、最悪血まみれetc
だったから、最初に見つかったアイリーンちゃんが、
ほぼ綺麗な状態だったのを見て、本当に本当に
安心したのでありました。

エミリーちゃんに関しては、ダンボールの敷物の上で伏せて
投げ出した足先から、出血しているのが見えました。
保護して下さった社長さんも
「後足、怪我したるで」って教えてくれたので、
帰宅してからすぐに、怪我の状態の確認をしました。

まずは、エミリーちゃんです。

右後足の怪我の手当ては、後回しにして、最初に
服を脱がせ、服に破れたり、血の付いたところが無いかを
念入りにチェックしました。

そういったところはありませんでしたが、服は全体的に
擦れたようになっていました。

次は頭。。。
頭から順番にチェックしながら、綺麗に拭いて行きました。

一番心配していた目、目の周囲、鼻、口周り、耳、耳の中。。。
傷だけでなく、ダニとかの付着もチェックし、OK

首周りを拭こうとしたら、首と肩の間くらいに傷があったので
消毒液を噴霧しながら、血が滲まなくなるまで
丁寧に拭き、あとは様子見しました。

他に怪我などが無かったので、最後に
一番怪我しやすい足先のチェックをしました。

3本の、指間、足裏の肉球、肉球の溝は、OK。。。

一番最後に、怪我をして出血が見られた
右後足肉球を特に念入りに。。。

すでに出血は無く、乾いていたため、足裏肉球のどこに
傷があるのか解らなかったので、噴霧した消毒液が
したたり落ちるくらいに湿らせ、拭うことにより、
傷を確認し、タオルに血痕が付かなくなるまで拭い、
変化が見られるようであれば、その日の内に
動物病院に連れて行こうと思いました。

アイリーンちゃんには、怪我や服の汚れは
全く見られませんでした。

保護されてから帰宅するまで、
特に目立った歩様の乱れも無かったので
本当に良かったです。

ボディチェックが終わってから、
脱がせた服や、首輪、ハーネス、リードを
洗いました。

そして、これも。。。


201510261359泥足①


201510261359泥足②


201510261359泥足③


田んぼで転んだ時に付いた泥が、乾いて
白っぽくなっていましたが、お気に入りの
テニスシューズに全く汚れが無かったのは
奇跡です(笑)


201510270827洗濯物②


人間の服も、犬の物も、
その日の内に、全部綺麗に洗濯しました。

PS…洗面所で洗濯中に鏡を見たら、
   口の左端から斜めに顎まで、黒い土がくっきり
   付着していて、笑けました。

   こんな所に泥つけた顔で、たくさんの人たちと
   喋っていたなんて、後で恥ずかしくなりました。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR