☆…紹介しま~す~私たちの腫瘍ちゃん…☆

2010.10.28.16:30

今日はメグの左胸前脇に出没した腫瘍をピックアップして紹介しま~す!

8種混合ワクチン接種の際にB動物病院にて診察して貰いました。

まずは出来ている腫瘍を動画にてご覧下さい…
[広告] VPS

発見したのは2008年10月初旬…1.0cm位の大きさでした。

A動物病院を受診…経皮的吸引細胞診をして悪性の疑いがあれば
更に詳しく検査をし、良性にしても小さいうちに切除する方が
大きくなってから切除するより、負担も少ないし、
傷口も小さくて済むので、勧められました。

私としては、獣医さんのおっしゃるとおり、小さいうちに
切除してもらう事が望ましいと思っていましたが、
万一悪性と診断された場合、先々の治療の事も含めて色々考えると
不安や心配事が頭をもたげて来て、家族に相談してから決める
という事で、その日の診察を終えました。

アイリーンパパさんは、今すぐ慌ててしなくてもいいの一点張り…
放って置いたらいいと繰り返すだけ…
そして、何も出来ていないと思ったらいい、とも言いました。

私は一番最初の検査すらしないで、もし~と考えると
本当に心配でしたが、しばらくは何もせずに
様子を見る事にしました。

アイリーンパパさんがそう言った事を、獣医さんに伝えるのには
とても勇気が要りました。

家族は毎日、メグの腫瘍を気にしていましたが、
一年経過しても大きさは殆ど変わらず、
獣医さんも、良性かもしれませんとおっしゃいました。

そしてこの10月でこの腫瘍の発覚から丸2年…

アイリーンパパさんが、この腫瘍をひどく気にし始めました。
大きくなって来ていると言うのです。

そういうわれれば~という程度にしか私には見えませんが
メグの年齢を考えると、今年一回、夜中に倒れた事もあったし
心臓が弱ってきたら、麻酔も危険になるし、腫瘍もまだまだ小さいし、
切除して貰おうという運びとなりました。

メグは出産経験もあり、5歳で家族として迎えてから
色々な事がありました。
正直、とても苦労しました。

そんなメグの老後の事も含めて、この腫瘍の治療に関しては
B動物病院を受診する事にしました。
こちらの動物病院常勤の、腫瘍専門医さんに診て貰いました。

私の話、2年間大きさに変化が無い事などから、多分良性脂肪腫~
そして経皮的吸引細胞診の結果、やはり良性脂肪腫でした。

そのあと獣医さんが治療について何もおっしゃらないので
切除の話をこちらから持ち出すと…

慌てて切除しなくても大丈夫~経過観察という運びとなり
この腫瘍はもうしばらく、メグの体の一部でいられる事になりました。

一夜にして出現したアイリーンの腫瘍…2009年10月初旬脂肪織炎 12月末日、完治宣言されました!

エミリーの腫瘍は左前肩にあり、メグとは違う平たい感じ触感で
1cm位の大きさです。
2010年6月9日、細胞診の結果、良性脂肪腫という事で
経過観察(子守?)をしています。
今日もおとなしく寝ている様であります(笑)

☆…仲良くしようね~私たちの腫瘍(しよう?)ちゃん…☆

成長しないで、ずっと可愛いまんまでいてちょうだいね~(笑)

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR