スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう、苦しみから解放してあげたい…

2010.10.16.00:15

☆2006年3月28日に虹の橋を渡った愛犬の思い出です☆

2月20日(月)8:15 外で排尿後、倒れる、意識喪失、失禁…

2月21日(火)5:50頃、門の内側でおしっこをしてそれから
裏へ行って、多分便をしたのだと思います。

表の庭でメグにおしっこをさせている時、裏でリリアの叫び声がするので
慌ててメグを中に入れ行ってみると、洗い場の前の、昨日の雨で出来た
水溜りの中にリリアは倒れていました。

その日は玄関でも倒れました。
倒れる度に失禁し、よだれまで流す様になりました。

この日私は朝から微熱があり、節々に痛みがありました。
噛まれた傷の治療中でしたので、先生から風邪薬を処方して貰いました。
小学校の参観日でしたが、行く事が出来ませんでした。

2月22日(水)8:40頃、畑の横のナナカマドの木の下の落ち葉の上に倒れました。
排便を済ませ、2~3歩歩くとフラフラして崩れる様に倒れました。
でも、すぐに立ち上がりました。
でもまたすぐに、倒れてしまいました。

この日は20:30頃にも倒れました。

倒れる回数が急激に増えて来て、リリアも不安なのか、気分がすぐれないからか
トイレのために外に出ても、せずに家の中へ戻る事が多くなりました。

2月24日(金)倒れる…避妊手術を受けるため、エミリー入院

2月25日(土)倒れる…エミリー退院

何処にでもゴロン~こんな寝姿には平和を感じます~リリア3歳頃…SCAN00707.jpg

こんな寝顔には幸せを感じます…SCAN000700.jpg

一命を取りとめた時、動物病院から新しい診察手帳を貰いました…身分証明書病気のために一気に老け込んだリリアですが、姿勢が美しい…

倒れて意識を失って~それでも名を呼び胸をさすると戻って来てくれるリリア…
段々私はそうする事に罪悪感を感じて行きました。

リリアは死にたいのかも知れない…

もう苦しみから解放してあげたい…

でも出来ずに、同じ事を繰り返してしまう私でした。

リリアの事はこちらにも載せています…

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2010.10.16.10:46

もしリルがそうなった時、私はどうするだろう。
きっとママさんと同じことそしてしまうんだろうなぁ~
とかんがえました。

りりあちゃん

2010.10.16.11:31

りりあ、ほんとにほんとに頑張ってたんだね。
ボバのときのことをおもうと、つらくなります。

Re: No title

2010.10.17.02:19

リルママさんへ
ご訪問ありがとうございます(嬉)!
私はリリアとあまり遊んであげられなかったから、
それが悔やまれます…
追いかけっこが好きだったから…
リルちゃん幸せ!ママさんパパさんともっともっとたくさん
楽しい思い出作ってね!

Re: りりあちゃん

2010.10.17.02:27

ボバママさんへ
もっともっと長生きすると思ったのにね…
本当に強く、優しく、逞しく、そして可愛かったね!
ボバとの今を大切にね!

No title

2010.10.18.09:24

私は、愛犬の最期の時、苦しい思いをして延命させるなら安楽死を。と考えてました。
でも、ラブリーが病院で点滴中に容態急変の連絡を受け、駆けつけたときに『逝かないで!お願い、頑張って!まだダメだよ!』って口から出てました。
苦しそうにしてるのに。
声をかけても反応できないのに。
そんな言葉しかかけられなかった。ラブリーの苦しみより、自己中な考えしかできませんでした。

闘病期間も長くなると、大変なことも多々あったと容易に想像がつきます。

苦しみからの解放・・・・いざとなると口に出して言えないものですよね。

Re: No title

2010.10.20.01:44

lapuchさんへ
返信遅くなり申し訳ありません…
私がブログを始める前、lapuchさんのブログにお邪魔して
ラブリーさんの事を知りました。
仲良く可愛らしく順番に、お素麺?だったかな?食べていた…
まだペットロスから抜け出せなかった事もあり、愛犬を
亡くされた方(lapuchさん)の気持ちが伝わってきて、
涙しながら、読ませていただきました。
リリアは何とか薬のお陰で、また毎日をそれなりに過ごす事が出来ましたから
これで良かったのだと思いたいです。
でも私には、この様な事は二度と出来ません…
どんなに延命したとしても、お別れの日は来ます。
私はともに暮らして来た愛犬の最後を考える時、選択の一つに
安楽死はあっても良いと思います…
どんなお別れであっても、苦しく悲しいものだと思います。
愛犬を亡くした方の悲しむ姿を見るのは辛いけれど
そこからは、幸せだった愛犬の姿が見えて来ますよね!
ご訪問ありがとうございました!
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。