スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリアとの出会いについて書きます…

2010.09.27.23:59

1994年、当時私たち家族は京都の社宅に住んでいました。

極寒の2月の末、近くの小さな公園で、ダンボール箱に入れられて
捨てられている仔犬たちを次女が見つけました。

次女は飼ってもいいかと連れて来ましたが、社宅のアパートでは
飼えないきまりになっているので、返してくる様に言いました。
かなりしつこく迫られましたが、諦めて返しに行きました。

日が暮れると次女は、たくさんの友達とダンボール箱に入れられた
仔犬たちを連れて帰って来ました。

この寒い中、外に放って置いたら死んでしまう…
お願いだから夜だけ置いてやってと、切々と…
私は、今夜だけという約束で泊めてあげる事にしました。

4~5匹いたと思います。
大皿に入れた食べ物をを、争う様に食べていました。
そんな中、隣の兄弟を威嚇しながら食べていたのがリリアです。

仔犬たちの中で、リリアは一番気が強かった…
リリア1

コロと呼ばれたこの男の子は、一番大きかった…リリア103暖かい部屋で、無邪気に靴下にじゃれ付いています…

翌日、学校から帰って来た子供たちは、仔犬たちを連れて、
飼ってくれる人を探しに行きました。
一軒ずつインターホンを押し、仔犬を飼って貰えませんかと訪ね回り、
その甲斐あって、全員貰ってくれる人が見つかりました。

子供たちにとって仔犬たちと過ごした一日は、夢の様な一日だったそうです。
本当は飼って欲しかった子供たち…
出来る事なら飼ってあげたかった私…
でも飼ってくれる人が見つかり、みんなホッとしました。

日が暮れると、次女が大騒ぎで帰って来ました。
公園に行ったら、この仔犬がダンボール箱に返されていたと言うのです。
兄弟もいないし、一匹だけでいたら凍えてしまうと言って
公園に連れて行こうとしないので、また泊める事になりました。

連れて帰っても怒られるのはわかっていましたが、どうしても見捨てられませんでした。
お母さんに情が移るのを楽しみに待ちました。
お母さんは「仕方ない」と言いながら、リリアに暖かいミルクを飲ませてくれました。
リリアが死んでから、長女が私のために作ってプレゼントしてくれたアルバムには
そう書かれていました。

お母さんとはどれだけ一緒にいられたのでしょうか…リリアまだまだ母乳の必要な月齢だったのではなかったでしょうか…

二人はペットショップで、赤い首輪とおやつを買いました…リリア104ぬいぐるみしか抱いた事のない次女は、とても嬉しかったようです… 

顔だけ真っ黒けで「おこげ」と呼ばれていた女の子は、小学校の近くで貰われました。
公園で子供たちに、次から次へと抱かれていくうちに落とされ、
足がだらりとなってしまった仔犬もいたそうです…

リリアの事はこちらにも載せています…

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2010.09.29.09:54

コメントしなくても、ちゃんとずーっと読んでます。

昨日のCooさんのお話もとても心に染みました。


ネットを通じての素敵なご縁だと思います。

リリアちゃん、子犬の時もとっても可愛いですねーー^^

Re: No title

2010.09.29.15:40

チョコちゃんのママさんへ
いつも読んで下さってありがとうございます…
ドーベルマンを飼われている方で、Cooさんのブログを読まれている方は
大勢いらっしゃると思います。もちろん私もファンです…
私はこのページをこれからも時々開いて、一緒に暮らしている犬たちを
大切にして行こうと思います。
ネットを通じてチョコちゃんのママさんとも、お知り合いになれて良かったわ!
私もまた遊びに行かせてもらいますね(^^)!
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。