★…ドーベルマンで鍛えた体…★

2012.09.28.22:50

リリアとお別れしてから、大型犬を飼う時に強く意識した事があります。

それは、大型犬の介護です…

リリアが病気になってから、エミリーと出会ったけれど、
この時は、まだ全然考えていなかった。

僅か14kgしかなかったけれど、散歩中に倒れたリリアを
抱えて家に帰るのは、本当に大変だった。

もしも、エミリーやアイリーンが、散歩中に倒れてしまったら、
抱えて連れて帰るのが、不可能な事はわかっています。

でも、何とかしなければなりませんよね…

それで、アイリーンの成長に合わせて、アイリーンを抱っこする事を
日課にした時がありました。

段々体重が増えて行き、抱っこする事が大変になり、
およそ28kgの頃までは、抱っこして立つことが出来ていました。

でも、抱っこした後に膝が痛くなって来て、
28kgを超えてからは、立て膝をついた状態での抱っこになり、
30kgを超えた頃に、抱っこを断念しました。

アイリーンは、抱っこに慣れていたので、抱っこしやすい体勢に
なってくれて、抱っこしやすかったですが
エミリーは、日常的に抱っこの習慣が無かったので、
抱っこしやすい体勢になってくれず、
同じ体重でありながら、抱っこ出来ませんでした。

先月、メグが体調を崩して病院通いが始まってから、
メグを抱える機会が増えました。

え??? メグって、こんなに軽かった???…

リリアの介護をしていた時、14kgでもギブアップしてた。

当然メグなんか、抱える事は出来なかった。

なのに・・・楽勝!!!

9月13日の診察の時、獣医さんが、
駐車場まで、担架でお迎えに来てくれると仰ってくれたのですが、
抱えて診察室に連れて行きました。

ダルメシアンは、とても目立つ犬種だし、
小柄な私が、楽々抱えて颯爽と歩くものだから、
とっても視線を感じましたよ~♪

6か月のジャックラッセルテリアを連れた男の人が、
怪力アイリーンママを見て、びっくりしてました(笑)

獣医さんも、「凄い力ですね!」ってびっくりしていましたので

「ドーベルマンで鍛えました!」と、お伝えしました…(笑)

昨日も、担ぎ上げて診察台まで運びました!(笑)

待合室には、小型犬ばかり…

その中でも大きいのが、柴犬でした。

だから、担ぎ上げられたダルメシアンは、注目の的でした(笑)

アイリーンの成長とともに、鍛え上げた成果が、
こんな場面で発揮されようとは、思ってもいませんでした。

ドーベルマンの介護は、きっと難儀な事でしょうが、
ダルメシアンの介護は、今のところ大丈夫です。

9月15日のメグ…体重18,65kg
0927体重18、65kg
高齢、病気でも、スタイルいいね~♪

あんまりメグとの写真がないから、今度
メグを担ぎあげた写真でも、撮ってもらおうかな~(笑)


スポンサーサイト
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR