★去年の今日はまだ生きていたエミリー

2017.05.12.23:23

今日は、ふと書きたい気持ちになれたので書きます。

きっとエミリーが、「書いて!」っ言っているような気がする。

前回のブログも久しぶりに書きましたが、
書けましたと言うのが本音です。

実は現在、アイリーンちゃんが通院治療中で、
お薬の処方を、1週間分にするか2週間分にするか
獣医さんから希望を聞かれて、
1週間分やったらGW中の再診になるから、
2週間分処方してもらう事に希望しました。


20170429ビブラマイシン右目下腫れ①-1


待合室でお会計を待っていたら、看護士さんが
次回の予約を取りに来ました。

「2週間後の予約は、13日土曜日でよろしいですか」って。。。

え!それはまずい。。。

けど、木金は獣医さんの公休日だからアカンし
土曜の朝の服用で薬が無くなるから、
仕方なく13日土曜日の午前中に予約を取りました。

ずっと前から、13日はエミリーちゃんの命日だから、
何も予定は入れずに置こうと決めていました。

同じ屋根の下に居りながら、一人で逝かせてしまったから、
今年の13日は、どこにも行きたくなかった。。。

でも仕方がないね、、、

きっとエミリーちゃんが、
アイリーンちゃんをよろしくって言っているんだよね。。。

そう思ったら、急に休んでいたブログを書かなくっちゃって思って、
ブログを更新出来ました。

でもその後は、またエミリーの去年の今頃の事を思い出し、
胸が苦しくて更新出来なかった。

5月8日の写真。。。(いちばん最近の写真)

201705080124真夜中①


今日は12日、
去年の今日は、エミリーちゃんは24時間生きていたけど
明日はねと思うと。。。

そんな折、今日はとても不思議なと言うか嬉しいと言うか
とにかく急にブログに書きたい出来事があったので!

今日の晩御飯の材料の調達に14:00頃パレットで外出。。。

先にスーパーへ行くか、ダイソーに行くか悩んだ末、
先にダイソーへ行く事にしました。

近所のダイソーに置いていなかった物を求めて
ちょっと遠いダイソーへ向かって入る時に、

エミリーちゃんと最初に出会ったペットショップが見えて来たので
不意に今日は寄って行こうと思いながら、オーバーランしてしまい、
バックミラーで後続車が無い事を確認し2メートル程
バックしてから駐車場に入りました。

オーバーランした時に、
このままダイソーに向かおうかとも思ったのですが。。。

何年ぶり???

ドーベルマンと暮らし始めてから、ペットショップめぐりとも
縁がなくなったから、本当に何の予定もなくぶらりと
店内に入りました。

レジには、めっちゃ高齢の人が居ましたが、
他に店員さんはいない様子でした。

とっても清潔な店内のショーウィンドウの中では
小ちゃい子たちがスヤスヤお昼寝していました。

大型犬の子は一頭、Gレトリバーの子犬がいました。

エミリーちゃんのいた場所には、ショップの主となった?
真っ黒のスコッチテリアが居ました。

帰ろうと出口に向かった時、懐かしい人に出会いました。

ケータイで話していたので、終るまで待ち、
向こうを向いていたその人に声をかけました。

「○○さん?!」

名前が違っているといけないので、ちょっと恐る恐る。。。

「ん?」と振り向いたので、間違いじゃなかったんだと思い

「こんにちは、お久しぶりです!」と挨拶すると、

その人も私の事を覚えていてくれた様で、
手でストップをかけて、必死に名前を思い出してくれました。

北??いや東??いや南??。。。

もうわざとかと思ったくらい、最後に西??って。。。
もう笑けました。

凄い!!!

10年以上も前のお客さんの名前を思い出せるって、
凄いと思う!!!

嬉しかった!!!

その方も、
「よく僕の名前を覚えていましたね!」って。。。

当時の事もよく覚えていてくれて、
私の娘の事まで覚えていてくれて、

私もそのときの事よく覚えていたので
タイムスリップしたみたいでした

色々転勤の末、今はこのお店の店長しているとのこと。

私がエミリーと最初に出会ったのはこのお店でだったけど、
エミリーちゃんは、店舗移動を繰り返し、最終的に、
違う店舗にいたこの方が、エミリーを最寄の店舗に移動させてくれて、
購入出来たのです。

エミリーちゃんが遠くの店舗から到着するまでの時間、
色々な事を喋りました。

この方のお母様が可愛がっていたミニチュアシュナウザーが亡くなり
母は落ち込み凹んでいると言う話を私がしたら、
思い出してくれて、今お母様はまたミニチュアシュナウザーと
暮らしているとの事でした。

当時はお母様の同居でしたが、今は結婚をして
別に暮らしているとの事、
奥様、お子様との3人暮らしだそうです。

当時、この方がエミリーを見初めて連れて来た時の事を
話してくれたのを、今日私が思い出して話したら、
ドーベルマンは滅多にない事だから、当時の事は
よく覚えていると仰っていました。

「エミリーは去年亡くなりました」とお伝えしたんだけれど

「エミリーは去年の明日亡くなりました」って、
言いそうになってしまった!

と同時に、去年の今日は生きていたんだと思ったら
涙が出そうになった。。。

「何才だったの?」と聞かれたので、「10才8ヶ月です」って。。。

今、2頭のドーベルマンと暮らしている事も伝え、

お客さんが数人入って来られたので、
お店を後にしました。

これって、偶然???

不意に思い付いて、入ったお店に
あの時の方が店長さんとして居て、
あした命日を迎えるエミリーのお話が出来た!

なんだか、暗く沈んでいた心にパアーと光が差して
とても嬉しくなった!

エミリーちゃんが、そうしてくれたんだよね!

そう思ったら涙が出て来ちゃうけど、
嬉しいんだか、悲しいんだかわからないけど

今日はブログを書かなくっちゃと思いました。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

★3頭目のドーベルマンに求めた条件★

2016.10.10.23:23

まだエミリーちゃんが病気も知らない
元気だったずっとずっと前から探していた
3頭目のドーベルマン。。。

もし私が求めていた条件に見合った子がいたら
もっと早くに迎えていたかも知れません。

そしたら、エミリーちゃんにもパピーちゃんと
触れ合う時間があったのに。。。

めぐり逢えなかったのも、何かの縁ですね。

かんたんな条件に見えて、難しい条件だったのかな?

①・・・ブラックタンの女の子
②・・・頭数の少ない出産(理想は3頭)
③・・・手元に置ける時期が秋の終わりごろ
④・・・母犬とともに過ごす姿を見せてもらえる事

この程度の事ですが、無かったからこそ、
とうとう夢を叶える事が出来なかった。

①・・・チョコドベちゃんは、別の犬種に感じてしまう。
②・・・エミリーちゃんが3頭で生まれたから
③・・・寒い時期、3頭のドベちゃんとお部屋でぬくぬく過ごしたい
④・・・エミリーが母犬に可愛がってもらっていた事を
    いつも想像していたから、見てみたかった。

リンダのお母さん

201607011506 ママ②-1


6月29日にUPされていたドベパピーは生後39日でした。
6月30日に、ブリーダーさんとお話し、
7月1日午後3時にお伺いする事になりました。

すっごいトントン拍子!

前にも書きましたが、パピーちゃんと対面もせずに
予約とか出来ない性分だったから、まだ100%決めた訳では
無かったけれど、用意するものは用意して行く事にしました。

ブリーダーさんが、
「お母さんも一緒に連れて行きましょうか?」と聞いてくれたので、
まさかまさかお母さんに会わせてもらえるなんて
考えていなかったので、もう本当に嬉しくて、

「OOOちゃんですね?」って言ったら、電話の向こうで
クスッと笑う声が聞こえて「ええOOOちゃんです」と
答えてくれたのが、印象的でした(笑)

リンダのママ、OOOちゃん

201607011506 ママ①-1


私たちが到着すると、
OOOちゃんがお出迎えしてくれました。

びっくりするほど懐っこくって、とっても可愛かったです!

ついついブリーダーさんに、
「この子にしようかしら。。。」って言ってしまいました♪


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

★…去年の10月8日…★

2016.10.09.22:23

去年の今頃は、どんな風に過ごしていたんだろう?と

去年のブログを見てみたら、10月8日の事を
3つもUPしていました。

2015年10月8日のエミリー

201510081428ピーマ④-3


ブログを読み返していて、
そうだ、この日は、お散歩の様子を家を出てから帰るまで
全部撮って置こうと張り切っていた事を思い出しました。

久しぶりに、エミリーちゃんとアイリーンちゃんと
一緒にお散歩に行った事を書いています。

クリックしてご覧いただけると嬉しいです。。。
★また一緒にお散歩しました♪★

いつもの農道を歩く動画がありました。
ブログの最後にこんな事を書いています。

道幅が狭いと、肩を寄せ合って歩けるみたいですね。
黄金色の稲穂が、綺麗です。来年もまたみんなで、
この景色の中を散歩出来たらな~と思います

泣けてきますね、
今年はそうする事が出来なかったから。。。

散歩の道中で、母屋のお母さんに会いました。

こちらもクリックしてご覧いただけると嬉しいです。
★96才のおばあちゃんと一緒に♪★

今日は最後に、このおばあちゃんとの事を書きます。。。

そして、★おやつは彩れ立てピーマンですよ~★です。

最後に
あといくつ、食べる事が出来るかな?
エミリーちゃんには、来年の分も、食べてもらいまひょ
って書いてある。。。

泣けてきますね、
来年の分も食べてもらいまひょ、だなんて、
半分冗談で書いたつもりなのに。。。

10月8日の他愛無い出来事が、
亡くなる7ヶ月程前の日の事だったなんて。。。

エミリーちゃんが亡くなったのが5月13日で、
翌日の午後4時の最終の火葬になりました。

お散歩が大好きだったエミリーちゃんには
色々なところへ連れて行ってもらいました。

エミリーちゃんがいたからこそ、遠くの遠くまでも
歩いていく事が出来ました。

病気になってからも、きっとまだ行きたかったと思いますが、
そうしてあげる事は出来ませんでした。

エミリーちゃんの永眠している籠を車に乗せてから、
私は、エミリーちゃんと歩いた道を車で廻ってから
霊園に向かう事にしました。

車を運転しながら、アイリーンパパさんに
「エミリーと歩いて、こんなに遠くまでいったんやで」と
私とエミリーが過ごしたお散歩の時の事を話しながら。。。

けっこう時間がかかるものですね。

霊園の最終の予約に遅れてしまうと大変なので
廻りきれないところもありましたが、
最後にお母屋の前を通る事にしました。

お母屋のお母さん、いるかな?

誰にも会わなかったのに、
お母屋のお母さん、外の椅子に腰掛けていました。

私は車を路駐して、お母屋のお母さんに駆け寄り、
手を引いて車のところまで来てもらいました。

何の事だかわからなかったお母屋のお母さんは、
籠に入って顔だけ出しているエミリーを見て

「寝てるんけ? すーやすーやと」と言いました。

私はエミリーが昨日死んでしまって、
これから火葬しに行く事を伝えると

「死んでるんけ?」と言いました。

私は涙が次から次へと溢れて来て、
「燃やす時間に遅れるといけないから、もう行くね」と
言って、お母屋のお母さんと別れました。

お母屋のお母さん、97才になりました。

ブログの中の動画で、エミリーちゃんが
お母屋のお母さんの足元に伏せたのが印象的でした。

この3つのブログ内の動画ですが、お時間がおありでしたら
ご覧になって下さいね。

声が出たり、音楽が流れたりしますので
音量にはご注意下さいませ。。。










ご覧いただき、ありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

★…またどこかで逢えるといいね…★

2016.10.08.23:23

リンダが血便をしたから、間が空いてしまいましたが、
カテゴリ「生まれ変わり(縁)」の6回目を書きます

エミリーちゃんが亡くなって、
エンジェルケアで清めていただいて
帰宅したエミリーちゃんの体からは、徐々に温もりが
失われて行き、まるで蝋人形のようになりました。

重たく冷たい蝋人形。。。

翌日火葬場に到着すると、男の方が二人出て来て下さいました。

メグちゃんの時には、お坊さんが一人で、
メグちゃんの入った籠を片手で下げてお堂に入って行ったけれど、

さすがにドーベルマンは無理だろうと、
まずお声がけをして置いたので、エミリーちゃんの入った籠は
二人に抱えられてお堂に入って行きました。

リリアの時も、メグの時も、壇上に祭られましたが、
エミリーちゃんは重かったからなのか、私たちの目の前でした。

お経が終わり、いよいよ火葬の時間が迫り、準備のため
エミリーちゃんの入った籠が再び二人がかりで運び出されました。

私たちには護摩木が渡され、それぞれ願い事を書きました。

私は迷うことなく
「またどこかで逢えるといいね」と書きました。

またどこかでエミリーちゃんに逢えるなんて、
ありえないですよね、エミリーちゃんの体は間もなく
火葬されて無くなってしまうのですから。。。

でもなんとなく、またどこかで逢えるような気がした。

書いているといろいろな事が思い出されて来て
ついつい横道にそれそうになるので、それはそれで
また今度書こうと思います

エミリーちゃんのお骨を全部連れて帰ってからは
初めて一人ぼっちになったアイリーンちゃんに気を配りつつ、

時間が出来ると、ドーベルマンの出産情報を探していました。

そしてやっとドーベルマンの出産情報を見つける事が出来ました。

エミリーちゃんが亡くなったのが5月13日、

この出産情報は6月下旬と書いてあったので、
まだ先の事でしたが、PCを開く度にチェックしていました。

すると、出産予定日が近付くに連れて、予約が入っ行くんですね。

私には、パピーちゃんの姿も見ずに予約をする自信がなかったので
どうなっていくのかを見守っていました。

と同時に、また他の情報を探し始め、ある日勇気をもって
思いっ切って、ある犬舎さんにメールを入れてみました。

そしたらすぐに返信して下さって、
6月下旬に出産予定があります、との事でしたので、
楽しみに待っていました。

そしてその後、この犬舎さんから
「生まれました」とのメールをいただき、
ブログにもお写真と動画がUPされていたので、
家族で拝見させていただきました。

これを見たアイリーンパパさんが、PCの前の
カレンダーに「リンダ誕生!」と書いたので
早速翌日の朝にメールを入れました。

「ブラックの女の子を予約したいのですが、
お手続きはどうしたらよいでしょうか?」

そしたら返信がすぐに来て
「ブラックの女の子は全て決まりました」と。。。

え?うそ?

昨日生まれたって、メールで知らせてくれたのに
もう決まっちゃったの!!!

やばい!!!

私は慌てて、最初に見つけた犬舎の情報を確認しました。

そしたらこちらも、ブラックの女の子は全て決まったと
記載されていました。

もう泣きたい気持ちでした。

それを長男君に言ったら。。。

「おい、まじかよ。予約してへんかったんか!
普通は予約するやろ?もう、楽しみにしてたのに!」って
めっちゃ怒られた。。。

私はもう本当に泣きたい気持ちで、すぐに検索した。

そしたら、

そしたら、

偶然???

掲載日6月29日付けで、
ブラックの女の子がUPされていた!


201606302120PCリンダ-1


もうためらっている時間はない!」と思い
翌30日朝、電話で直接ブリーダーさんとお話し、
7月1日に対面できる事になりました。

★アイリーンちゃんに妹ができました★
その時の事を書いています。

クリックしてご覧下さいませ。
★アイリーンちゃんに妹ができました★

後から指折り数えて見ると、
エミリーちゃんが亡くなって49日目だった事に
大変に驚き、深いご縁を感じた次第です。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

★生まれ変わりってあるのだろうか?

2016.10.01.23:59

★…家族から笑顔が消えた日…★で、
エミリーちゃんが亡くなった時の事を書きました。

詳細はクリックして読んで下さいね。

エミリーちゃんが倒れている姿を見た時に
感じた事を以下のように書きました。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

和室に入ろうとしたら、アイリーンパパさんが
突っ立っているので、どうしたん?って聞いたら

エミリーがー! エミリーがーっ!て。。。

私は、ハッ!ドキッ!として、アイリーンパパさんの
目線の先で倒れているエミリーに駈け寄り、
両手で顔を持ち上げると。。。

もう手遅れだと思いました。

でも一瞬、まだ間に合うかもと脳裏を駆け巡りました。

でも。。。

でも、今から助けて何が出来るねん、
何をしてあげられるちゅうねんって思った。。。

ただただ、エミリーと名前を呼ぶことしかできませんでした。

泣きたかった。。。

でも、アイリーンパパさんが、いままで聞いたこともない
悲壮な声で泣き叫びながら、自分を責めていたので、
私は冷静になれたのかも知れません。

冷静に???

そうなれる筈ないよね、私は腰を抜かしたかのように
立ち上がれなかった。そうなりながらも、

アイリーンパパさんが、悲壮な声で泣き叫びながら
自分を責め続けていたので、

「アイリーンパパさんのせいじゃないよ。
神様が見るに見かねて、連れて行ってくれたんだよ」
と言いました。

エミリーちゃんの倒れている姿が目に映った時に
私が感じた事、思った事をアイリーンパパさんに伝えました。

エミリーちゃんは本当にがんばって生きていました。

腹水さえなかったら、もう少し楽に生きて来れたのに、
腹水に苦しめられ、それでもがんばって生きていたのを
さすがに神様も、見るに見かねたのだと思いました。

だから、神様がエミリーちゃんを連れて行ってしまいました。

神様がお連れになったとあらば、諦めるしかありません。

そうアイリーンパパさんに言ってあげたら、
少し落ち着いてくれました。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

もう手遅れだと思った時、同時に
この体の中にもうエミリーはいないと感じました。

ズッシリと重たく横たわる体から、
エミリーちゃんは抜け出していた!

そう感じました。。。

じゃあ、抜け出したエミリーちゃんはどこに???

動物病院でエンジェルケアをしていただいている時にも
エミリーちゃんはどこに行ったんだろう?

火葬場で待っている時にも、ゆらゆらゆれる空を見ながら
エミリーちゃんが、天に昇って行っている気がしなかった。
エミリーちゃんはどこに行っちゃったんだろう?って
ずっと考えていた。。。

姿は見えなくなってしまって
エミリーちゃんの気配も感じないけれど
どこかに潜んでいるような気がした。

辻褄の合わない変な表現だけれど、そう感じました。

エミリーちゃんの体を火葬してから家に連れて帰ると、
家の中に大きな黒いクモが現れました。

なんとなくエミリーちゃんのような気がした。。。

その日からその大きな黒いクモは
家中の色々なところに出没しました。

だから私はみんなに、絶対に殺さないでねって
釘を刺しておきました。

でも、みんなも同じ事を感じていたみたいでした。

しばらく家の中のあちこちで出くわしましたが、
ある日玄関を開けると、ドアが開くのを待っていたかのように
出て行ったきり、それっきりになりました。

なんだか少しほっとしました。
知らぬ間に踏み潰したら大変と、気にしていたから。。。

私はエミリーちゃんが亡くなってから、
犬は死んだらどこへ行くのだろう?とか

犬の生まれ変わりってあるのだろうか?とか
そんな事ばかり考え、ネットで検索したりしていました。

とある行き着いたサイトに、こんな事が書かれていました。

犬は何日で生まれ変わるのか?

人間の世界では亡くなった人は、
49日でこの世から旅立つ事ができるとされています。
49日立つまでは故人も、その家族や友人たちも、
未練を断ち切るまでの最後の時間だとされています。

では犬はどうなのかというと、
動物のお葬式を専門に取り扱うお坊さんが言うには、
犬は人より未練が少ないのだと言うことです。

やはり人間よりは知能が劣りますから、
犬は日々の出来事や人生に対して、人間のように
深く考えることはできません。

犬が普段考えていることは、ご飯やお散歩、
家族のこと、そんな温かい日常生活のことです。

そんな温かい毎日を過ごしていれば、
きっとそんなに未練があることもないのでしょう。

それ故に、犬の生まれ変わりは
人間より期間が早いとされています。

早ければ数時間後には生まれ変わる事もあるとされるほど、
犬の魂は死んだあとすっと成仏できるのでしょう。

家族から愛されて、最後の瞬間まで幸せだったと
感じることができれば、生まれ変わり早いと言えます。

これを読んだ時に私は、
エミリーちゃんがそう感じてくれていたとしたら
とりあえずクモに身を潜めてくれたのかも知れないと
思ったのでした。


2015年8月23日7:35
舞鶴へ出掛けた時のエミリーちゃん。。。
201508230735舞鶴へ⑤-1


懐かしくて涙が出てしまった。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

アイリーンママ

Author:アイリーンママ
エミリー
2005年8月18日生
アイリーン
2008年5月17日生
リリア(mix女子)
メグ(ダルメシアン女子)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR